Disco 製作経過 2017/10/11

Discoの新作、見ていただけましたか?我ながらギターロマンの詰まったデザインになったなぁなんて思っています😄


先日STスタイルなんて決めゼリフ的に書いちゃいましたが実際のところ構造からしてレスポンス、音粒の分離、タイト感がまったく異なります。

ビグスビーをつけましたが使用せず、用途がコード弾きだけの方にもオススメです。さらにKTSチタンサドルが解像度を引き立てます。機会があれば是非体感していただきたい一本です👌

さて現在は次の計画を練っています。画像はテストボディでコンター形状を吟味しているところ。

Discoにバインディング、コンターを付けたSoulデザインという仕様になります。

数年前の試作段階ではこっちがスタンダードでした。ただ構造強度面や、デザイン、サウンド、アビリティー3点のバランスがどうも納得できず。

その着地点って、既存にないオリジナルモデルだと特に、作り手の意図が露骨に出る部分ですからそのまま進める気にもならなかったので、やむを得ず一旦中止していたんですが、今年作ったRootsデザイン4種を経て少し方向性が見えたので再開していこうと思います。

長くなりました、すいません✊(笑)他にも同時進行してますので、また経過の報告ができたらと思います。

Mary Guitars
HP→http://maryguitars.com/
Facebook→Mary Guitars
Twitter→Mary Guitars 丸井 優希
Instagram→mary_guitars
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント